診療時間

月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
   9:00~1:00
休診日
日曜日

浜銀通り整骨院

〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉2-6-5

電話:045-548-8878

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2017 6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

> サイトマップ

スタッフブログ

2017年6月1日(木)

正しい寝溜め

こんにちは!!日吉駅から徒歩3分 浜銀通り整骨院です(●^o^●)

 

 

 

休日に起きる時間を気にせず寝溜めをするのは気持ちが良いですよね(*^▽^*)平日が多忙で十分な睡眠時間が確保できない人にとって、休日の寝溜めは貴重な睡眠不足の解消法といえます。

 

 

 

 

これでスッキリ!正しい寝溜めの方法

 
普段の起床時刻より2時間以上遅くまで眠らない

休日の起床時刻があまり遅くならないようにするのは、平日と休日の睡眠パターンの変化をなるべく小さく抑え、体内時計のずれを作らないようにすることが目的です。

 

 

通常通り早起きした後に二度寝または仮眠をとる
休日はあまり早く起きたくないかもしれませんが、目覚ましをかけていったん平日と同じ時間帯に起き、それからもう一度眠るようにします。

 

 
起床後は活動し休日を満喫しよう
寝溜めが済んだら布団から出て活動し、午後は充実した休日を満喫します。また適度に体を動かしほど良く疲れさせておけば、起床時間が少々遅くても夜には自然と眠気が起こって気持ち良く眠りにつくことができるようになります。

 

 

前夜は夜更かしせず、なるべく早めに就寝する
食事は就寝の3時間前まで
就寝の2時間前からは静かな環境で過ごす
就寝の30分前までに、ぬるめのお風呂に入浴する
寝る前にパソコン、スマホ、ゲーム機を使用しない
時間があれば、夕方に軽い運動(ウォーキング、サイクリングなど)をして、心地良い程度に体を疲れさせておくと睡眠が深くなり、より効果的です。

 

 

 

寝溜めはあくまでも睡眠不足を解消する応急処置
あくまでも休日の寝溜めは、やむを得ず睡眠不足に陥ってしまった時の応急処置です。
寝溜めで睡眠不足を解消する習慣がつくのも良くありません。休日に寝溜めをして睡眠不足を解消すればいいという安易なとらえ方ではなく、普段から規則正しい生活を心がけてなるべく睡眠時間を確保しましょう(‘◇’)ゞ

 

 

 

交通事故・日常生活・スポーツ・通勤中のケガをしてしまったら浜銀通り整骨院へ!

 
浜銀通り整骨院
〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉2-6-5
電話:045-548-8878
各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。