診療時間

月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
   9:00~1:00
休診日
日曜日

浜銀通り整骨院

〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉2-6-5

電話:045-548-8878

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2017 12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

> サイトマップ

スタッフブログ

2017年12月7日(木)

ふくらはぎ健康法★

ふくらはぎ健康法は心臓の負担の軽減

意外と知られていませんが、下半身には重力の影響で7割の血液が集中しています。運動不足や長時間座っているとこの血液がよどみ、心臓への血液の戻りが悪くなってしまいます。すると心臓は、より強い力で血液を送り出すことになるのです。これが高血圧につながります。

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれる部位。下半身のよどんだ血液を心臓に戻すポンプの役割を果たしています。そして、ふくらぎにある心臓へ血液を戻す血管には、血液の逆流を防ぐ弁が付いているのです。
「ふくらはぎ健康法」はふくらはぎをもむことでその弁が開き、よどんでいた血液が確実に心臓へ向かうようにします。すると、心臓への血液の戻りがよくなり、心臓の負担は軽減。血管が広がって血圧が下がるのです。

【ふくらはぎ健康法】
■内側ライン
内くるぶしからひざ下へ骨のきわに沿って2回もむ
■中心ライン
アキレス腱からひざ下までを2回もむ
■外側ライン
外くるぶしからひざ下までを2回もむ
■ひざ裏
ひざ裏のリンパ節を転がすように10回ほど押す
■アキレス腱周り
ふくらはぎの下3分の1くらいを3回もむ

「ふくらはぎ健康法」は1セット5分程度。これを1日2回行えば、1日10分で血圧を下げることが可能です。

ふくらはぎ健康法の効果を高める方法
ふくらはぎが下半身のよどんだ血液を心臓に戻す役割は筋ポンプ効果と呼ばれるもの。筋肉が収縮することで血液の循環を促します。ふくらはぎを筋トレすることで、ふくらはぎ健康の効果を高めることも可能です。
ふくらはぎの筋トレなら、かかとの上げ下げをするつま先立ちが手っ取り早い方法。壁に向かって足を肩幅くらいに開いて立ちます。両手を壁につけてバランスをとり、つま先立ちを10回繰り返すのです。
より効果を高めるなら、片足のつま先立ちがオススメ。片足を反対の脚のひざ裏で留めて、左右10回ずつつま先立ちをしてください。ふくらはぎ健康法をしながら筋力アップすれば、より着実に血圧を下げられるでしょう。

浜銀通り整骨院にもふくらはぎに効くストレッチボードというものがあります!ふくらはぎを活性化させて健康に近づきましょう(^^)