診療時間

月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
   9:00~1:00
休診日
日曜日

浜銀通り整骨院

〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉2-6-5

電話:045-548-8878

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2017 9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

> サイトマップ

スタッフブログ

2017年9月21日(木)

秋の体調不良はどうして起きる?

夏の疲れを引きずったまま、秋に突入すると、気候の変化に体の機能が追いつかない場合があります。その結果、体調不良に・・・
最近ではこの症状のことを秋バテと呼ぶようになりました。夏バテはよく聞く言葉ですが、秋バテというのはあまり馴染みがないですよね。
 
具体的な秋バテの症状ですが、
疲労感を感じることが多い
食欲が無くなる
頭がぼーっとする
めまいがする
朝に中々起きられない

などがあります。今までと比較して、これらの症状が続いていたら要注意!
また、夏バテと違うのは、夏は暑さのせいで体力がない人が体調不良になりがちですが、秋バテは体力がある人でもなりがちです。
 
■秋バテはどうして起きるの?
秋バテの原因は夏の間の生活習慣と関係があります。
主な2つの原因について知っておきましょう。
① 温度変化による自律神経の乱れ

自律神経には体温調節の役割をする働きがあります。
外にいる間は自律神経が暑さに対応するために、汗をかいて体温を下げる働きします。しかし、冷房の効いた冷えた室内では、汗を抑えて体温を上げる働きをします。
つまり、体に体温を上下させる働きを何度も行わせているということ。
体温調整にはエネルギーが必要となるため、温度差が激しい環境にいると自律神経に大きな負担がかかり、血液の流れが悪くなります。その結果、疲れやだるさを感じやすくなり、それが秋まで続いて秋バテという体調不良の状態を引き起こしてしまうのです。
 
② 胃腸の冷えによる機能の低下

血液の流れが悪くなる原因は冷房だけではありません。暑い夏にはどうしても摂取したくなる冷たい飲食物の摂取にも注意が必要です。
暑い時には冷えたものを飲むと体に優しいように感じますが、実はその一方で胃腸が冷えてしまいます。胃が冷えると便秘や下痢などを引き起こすだけでなく、胃腸の機能が低下して血液の流れが悪くなるのです。
胃腸は新陳代謝を司っている内臓の一部のため、血液の流れが悪くなると全身にエネルギーが行き届かなくなります。また、胃腸が弱った状態が続くと食欲もなくなり、より体力がなくなるという悪循環になってしまいます。
これが長引くと秋まで体のだるさや疲れが抜けないという状態が続き、秋バテと呼ばれる体調不良の原因となるのです。
 
■秋バテを解消するには?
秋バテになってしまった場合は、どのように対処すればいいのでしょうか。
それは、日常の生活習慣を正すことです。気を付けるべき項目が
食事・・・温かい料理を多く食べる
運動・・・少し汗をかく程度の適度な運動
入浴・・・37~39℃のお湯に入浴
の3つ。

生活習慣が乱れている方はまずは自分の生活を見直していきましょう☆