診療時間

月曜~金曜
[午前] 9:00~1:00
[午後] 3:00~8:00
土曜・祝日
   9:00~1:00
休診日
日曜日

浜銀通り整骨院

〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉2-6-5

電話:045-548-8878

各種保険取扱い。まずはお気軽にご相談ください。

2017 9月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

> サイトマップ

スタッフブログ

2017年9月26日(火)

秋の花粉症にご注意!

つらい鼻炎を引き起こす花粉は、スギ花粉、ヒノキ花粉以外にもほぼ一年を通じて日本中で飛散しています。
ここでは注意すべき「秋の花粉症」について見ていきましょう。

秋はブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉に注意。
花粉は春だけではなく1年を通して飛散し、アレルギー性鼻炎(花粉症)を引き起こしています。
その中でも、秋の花粉症は要注意です。夏から秋にかけて花粉の飛散シーズンを迎える植物にはキク科のブタクサやヨモギなどがあり、全体の15%の人がこの季節に目や鼻の症状を訴えています。

特徴
秋の花粉症の原因であるキク科のブタクサやヨモギは、河原や公園、空き地など市街地にも多く生息しています。秋の花粉症であることを自覚しないまま、ジョギングや散歩の際に吸い込んでしまい、症状を悪化させる例もあります。スギ花粉症などのアレルギー性鼻炎(花粉症)の方は、秋の花粉症にもかかりやすいので、このような場所の近くを避けて歩くなど、適切に対処することが大切です。

Q春の花粉と秋の花粉にはどういった違いがあるの?
A「通年病」になりつつある花粉症ですが、原因となる植物によって症状はそれぞれ異なります。春のスギ花粉の場合は、花粉粒子径が大きいため、鼻粘膜に留まりやすく、下気道への影響は少ないとされ、そのため春の花粉症は鼻水やくしゃみが代表的な症状とされています。
一方、秋の花粉症の原因のひとつ、ブタクサ花粉は花粉の粒子が小さいため、気管に入ってぜんそくのような症状を引き起こすケースもあります。
花粉の特徴によって症状が変わる場合もあります。
気付かずに放置してしまうと大変なので、鼻ムズを感じたら早めの対処が必要です。

秋の花粉症の対策 ~今すぐできる花粉症ケア~
マスク・・・マスクは吸い込む花粉の量を減らし鼻の症状を少なくさせる効果が期待されます。
うがい・・・うがいをすることで、のどに流れた花粉を除去しましょう。
洗顔・・・外出から帰ってきた際には、洗顔を行い、顔についた花粉を落としましょう。
服をよく払う・・・外出先から帰ってきた際や洗濯物を取り込んだ際には、衣服の表面についた花粉をよく払いましょう。

症状が強い時は早めに医療機関に相談しましょう。

 

浜銀通り整骨院は今日も夜8時まで診療しています(^^)